ぼくの地球を守って /日渡早紀
ビクター音楽産業 VDR-1529 (1988.08.21) ¥3200 [CD[初回]]
ビクター音楽産業 VDR-1529 (1988.08.21) ¥3008 [CD]
ビクター音楽産業 JBX-28020 (1988.08.21) ¥3200 [LP P]
ビクター音楽産業 VCK-10031 (1988.08.21) ¥3200 [CT]
曲名 作詞 作曲 編曲 [時間]歌手
6 Moon Light Anthem 〜槐1991〜 新居昭乃 新居昭乃 門倉聡 [4'16"]新居昭乃
白泉社 花とゆめコミックス「ぼくの地球を守って」(日渡早紀 著)の イメージアルバムで、ファンタスティックワールド・シリーズの16番目の アルバムです。尚、LPは、A面「ありす」B面「木蓮」のピクチャー レコード仕様で、初回特典に「木蓮」の描き下ろしポスターがつきました。
ヴォーカル曲は4曲収録されており、内1曲を昭乃さんが唄っています。
この曲は、昭乃さんがスランプ脱出のきっかけになった曲で、数カ月振りに マイクの前に立った時、「また唄える場があって、私は本当に幸せ」みたいな すごく謙虚になって唄った歌で、今聴いても自分で自分に、 「これがよく唄えたね」と言ってあげられる曲だそうです。
他には、大貫妙子さん、畑弥生さん、森谷美月さんが唄っています。 「日渡早紀 <Memorial Collection>」 に同じ曲が収録されています。
ちなみに「槐」は、「えんじゅ」と読みます。
封入されている「日渡接近遭遇 第4種 1988.8.21発行」というチラシ (LPのみ)の参加ミュージシャン紹介のところに次のように書いてあります。

●新居昭乃●
■前作「アクマくん魔法☆SWEET」では、Mikan Changという愛称で参加、 そのすき透ったきれいなVocalにのせて歌ったフランス語の唄が印象的。
■今回は、「ぼく地球」を読んで、自ら人を愛するせつない唄を作詞作曲・ 唄ってくれた。
■アニメ「ウインダリア」の主題歌、及びソロアルバム「懐しい未来」を リリース。